FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極端な雨と日照りと情の無い親分

Run For It
七夕のころにおきた西日本の豪雨災害。テレビ画面に映るヒドイ状況に言葉も無かった。ワガ田舎の方はどうなっているかとその次の週に行ってみたが、他の地域に比べればまだましかというような、小規模の土砂崩れなどが発生していたくらいだった。しかし集落へ入るおおきな林道は長い坂道なのが祟ったのか、道の片側半分が2〜300メートルくらいアスファルトの下の土が流され削り取られ残ったアスファルトも浮き上がってぼこぼこしていた。ゆえに通行止めとなりけっこう不便な交通事情となっていた。まあそんななか、幸いウチとこの集落ではけが人も出ず、帰った次の日の朝は、お宮さんを掃除しに集まるべ、と招集をかけられおおよそ例年のとおりの行事が進行していたくらいだ。ところで小規模の土砂崩れといっても、それぞれの家の人にとってはやはり困ったモノなので、ユンボを持っている地域の若い衆(といってもワシよりは年上)があちこち直しにまわっておられた。そーいうことではなにもお手伝いできることは無いので、その若い衆がいずれやらなくてはならないであろうところの草刈りなんぞをヤラさせていただきました。遠回りの支援をば。テキトーに。中途半端に。あまり一所懸命にやると熱中症にかかりそうだったので。しかしまあなんというか今回の災害で政府与党が宴会していたりだとか、なかなか対策本部を作らなかったりだとかの対応を考えると腹が立ってしょうがない。それを口にすると「今はそんなことを言ってる時では無い!そんなことを言うとるひまがあったらもっとどうしたらイイか考えろ!」というようなことを言われるわけですが、イヤこういう時はちゃんと怒っておかんといけんでしょう。むしろ政府与党と考え方が近い人ほど怒らんといけんでしょう。いつも怒ってるワシラよりいつもほめてくれる味方から怒られたら少しは効くでしょ。怒ってそういう人たちに動いてもらわないといけないでしょう。その人らはイロイロ大きい力を持っとるんだから。とかいろいろアタマの中をぐるぐるさせたところで、またできることをコツコツやるしかないのだけど、情の無い親分がてっぺんに立ってると思うと、やな気分になってツイこんな国に税金を払うのはイヤだからあまり仕事もすまいか、と考えるのはしょうがないところではなかろうか。





この日記はフィクションです。

辞めさせろ
6月はナニも書かなかったのだ。描かなかったのだ。…しかし、まあすこし記録しとくか。どうもここ何年か小説が読めない読みたくない。何人かは読みたい作家もいるけどそれすらもそんなに積極的に読みたいと思わない。以前はそれでも海外物のSFなどを(数は多くは無いが)好んで読んでいたが、まったくどーでもよくなってしまった。ルポルタージュやあるテーマについての解説などは読んでみたいと思ったりするんだけれども、フィクションには食指が動かない。漫画はフィクションなのに読んじゃうなあ。なんだろう?残り時間が少ないからそれを活字のフィクションで埋めるのはもったいないと、本能が言ってるのだろーか?…でもしかし、これはちょっとどーなの?少しはフィクションも取り入れたらいーんじゃないの?そのほうが視野が広がるんじゃないの?と、書評で気になった日本の某SF作家の本を読んでみているのだけど、これがまったく面白く感じない。これは単にハズレなのか、それともやはりフィクションに面白味を感じなくなってしまったのか…。もう少し実験してみようかとは思っているところです。






おねがいよはやくやめてねやめさせてね

もう辞めろ辞めさせろ
まだ辞めないんだなー。すごいなー。さて、わしら年寄りはともかく若い衆には、「ちょっとそろそろヨソの国で暮らすことも考えた方がいいよ」と進言せんといけなくなってきたのかなー…。困っちゃうなー。























梅雨 to you

nakayoshi
特に何をしたわけでもなく、いや例年以上に特にナニもしなかった連休が終わり、さあばりばり仕事をしましょうかというほどの意欲も無く、やれやれ今度は梅雨に向かってGOなのだな。という5月の初旬。国難であるところの腐れ首相および腐れ副大臣はまだ辞めておらず、このまま梅雨に突入したのでは不快指数も史上目にしたことの無いモノになってしまうのではないかと今から恐れおののいている。夏はキライでは無いけど、梅雨はいやだ。お百姓さんは助かるというけれど、別にあそこまで湿度が上がらなくてもいいではないか。雨だけ降ってればいいではないか。じめじめするならよそでやってくれ。と言いたくなるが、よそでやられても迷惑なのだろうから仕方ない、ウチらの近所でじめじめさせとくしかないか。まあいいけどサッと来てササッと帰って欲しいよね。梅雨。










3度目のフクオカ

まるいセカイ
こないだの日曜日は、長男社会人1年生が就職に合わせて引っ越した、九州は博多区にあるマンションに、ツマと一緒に行ってみた。以前済んでいた南区よりも、かなりマチなかで大きな道路がすぐ近くにあり、けっこうなアレルギー持ちの長男には空気が悪いかもな—と考えていた。マンションはけっこう上の階なので、もしかしたらそれほどでも無いのか?とも思ったがしばらく住んでみないことにはワカランだろう。もしかしたら網戸があったら黒いススが付くような(自分がいま住んでいるところのような)ところかもしれん。お昼ごはんを食べに近所のインド料理屋に入り3人でいただいたが、タイヘン美味しくしかも値段の割りに結構なボリュームでお腹がぱんぱん。余らしたカレーとナンを持ち帰り用に包んでもらった。そのあと近所のスーパーやら、会社までのルートの途中にあるお寺を覗いて、ごろごろしているねこを眺めたりしてから帰広。それにしても福岡はなんとなくだけど、住みやすそうなイメージを受ける。ヨソから来た人にも開かれてる感じというか。そういえばおすぎも引っ越してきて住んでるらしいし。公共交通機関もイロイロあるしなー。年とったらこの辺に住むのもイイかな?と、思わせる。…あ、福岡に住んでいる高校の同級生は結構いるはずだ。様子を聞いてみるべか。とかあれやこれや妄想をふくらませた春先。それプラスこの冬はほとんど田舎に帰っていないので、今月あたりから実家まわりの世話も始めないとまずいな…というのもアタマをかすめ、妄想+心配でうにょうにょしていた春先。あまり早く暑くならないで欲しい春先。カエルのように動き出せるかな…。





Appendix

twitter

プロフィール

ショウジサダム

Author:ショウジサダム
広告物などの・イラストを描く・デザインをする・アニメーションをつくる・という仕事をしたりしなかったりしています。

過去のギョウムニッシはこちら

ホームページ版業務日誌

初のオリジナル絵本できました!ただし電子書籍!「まよなかのこうえん」というタイトルです。検索してみてください!

PIBO
U-NEXT


つばた氏との共著「ジョンがきょうりゅうになったひ」もよろしくおねがいいたします!

ジョンがきょうりゅうになったひ-Amazon-

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。